アクセス解析
レンタル掲示板

KUSHIZZI PROJECT  櫛橋 茉由

KUSHIZZIPROJECTオフィシャルブログ

<

Giftについて。久しぶりに真面目なブログ。

洋楽 和訳 Blue - The Gift - YouTube

 

 

 

Gift , blue。

 

槇原敬之さんの僕が1番欲しかったものを

ブルーに提供されたもの。

 

 

私はここ数日、自分が持っているギフトについて考えていた。

 

久しぶりに会えた人たちと話しながら、

そして色んなところに行きながら。(感染対策はちゃんとしてる。検査もした。)

 

 

赤羽にいたんだけど、

色々な思い出がある場所で、

色々考えていた。

 

 

 

クシプロが会社になって、1期目が終わった。

今は2期目。

 

日本に帰ってきて、もうすぐ2年経ちそうなところ。

そういえば、去年は11月にイタリアに帰った。

 

 

 

そうやって過ごしていくなかで、

私のギフトはなんなんだろうって、

考えていた。

 

 

昨日初めてみた煉獄さん。

お母さんからそのギフトを世の人のために使いなさいと、話されるシーンがあった。

 

 

ギフトというのは、神様が、両親がくれた贈りもの。

 

 

才能のこと。

 

 

 

私のギフトはなんなんだろうって、

ずっと考えていたのだけど、

 

 

 

もうすでにそれは始まっていて、

その通りにこれからの道は導かれていて、

 

 

神様が、こうやって前に進みなさいと、

物事がトントンと進んでいくようで。

 

 

30才を超えたあなたは、

次はギフトを使って、世の中へこうしてみたらと、

神様や先日亡くなった祖母に言われている気がした。

 

 

 

正直、ざつはしはかなりのダメ人間で

初決算は本当にしぬかとおもった。

 

 

だけど、私の少しずつの前進が、

誰かの破れていないグローブに変わるんだと思うと

これからも頑張ってみようと思った。

 

会社経営は決して簡単じゃない。

難しくて、法律がややこしい。

たくさん勉強して、たくさんの人に助けてもらっている。

 

 

 

私がもらったギフトは、

 

人へのコーチングスキル。

 

 

あんまり努力しなくても、考えなくても、

頭の中の自分が、サクサクとコーチングを進めてくれる。

 

言葉を選んでくれる。

 

だから、ギフト。

 

勝手に、できるから。

奢りじゃない、これは才能。

 

私は今コーチングも仕事になっていて、

もちろんずっと関係する勉強はしてるけど、

70%は自分の中の閃きとアイデア

私の中のコーチくしはしが勝手にレッスンを進めてくれるんだいつも。

 

だから、すごく楽しい。

実はこっそり失敗もするけれど、お金をいただくレベルにはなれているみたい。

だから、妥協しない。絶対。プロだから。

悔しいこともあるけれど、でもすごく楽しい。

選手の顔がキラキラするから。

 

 

一方で、フェンシングアスリートにおいては

ギフトはフェンシングが好きなこと。

 

スポーツの才能は全くないし

ただバランス力と眼はめちゃいい。

 

コーチングのギフトを使うためには、

このアスリートとしての七転八倒がどうしても必要で、

 

選手くしはしは

 

とってもフェンシングが好きだけど

 

だけどフェンシングが全然楽しくないこともある。

悔しくて、涙がでて、情けなくて、プレッシャーをつくりだしたり、する。

 

身体も弱いし、肩は外れるし、腰も弱いから

本当に大変。

だけど、自分と戦えて、高めることができる。

 

 

この二つのバランスが、クシプロを支えている。

 

 

 

選手だから、わかる。

 

コーチだから、わかる。

 

 

そして、海外にいたから、わかる。

 

 

 

話が逸れたけど、

 

あと3か月は

私は自分の責務を全うして(煉獄さんにさっそく感化されています。)

 

ハンガリーにいてもオンラインでレッスンを継続できるシステムをつくって

 

しっかり在庫管理をして、会社を私がハンガリーから回せるようにして

 

IELTSで6.5さっさと取って

 

 

健康でいて

 

 

 

周りの人を大切にして

少しでもいいから

笑顔と勇気をプレゼントできるように

 

 

 

前に進みます。

 

 

 

Q. ハンガリー帰ってきたらどうするの?

 

 

A.まだわかりません。

 

 

ただ、一つ言えることは、

どれを選ぶにしろ、きっちり前に進み続ける。

 

 

 

発信することで、知ってもらえる。

 

知ってもらえたら、仲間になってもらえる。

 

 

すると、みんなで前に進んで行けるし

だれかのロールモデルにもなれる。

 

 

 

フェンシング界だけではなくて

より広い範囲でこれからは進んでいきたい。

 

 

クシプロ社長

プロコーチ

アスリート

IELTSスチューデント

 

4足のワラジであと3か月、突っ走ります。

 

 

f:id:obajpn:20210926192000j:image

 

できる?できない?

 

 

 

いや、やる やらない だ。

 

 

 

私はやれる。

 

 

 

やってやるさー!

 

 

 

クラファンご支援頂いた方本当にありがとうございました。

 

 

 

また、がんばります!

 

 

私のギフトが誰かの役に立てるように。

 

 

 

求めなさい、そうすれば与えられる。

探しなさい、そうすれば見つかる。

 

門を叩きなさい、そうすれば開かれる。

 

 

 

 

あなたとあなたとあなたとあなたと

手を取り合って、前に進もう。

 

困っている人に、手を差し伸べよう。

 

 

 

私は大事な会社と自分のプロジェクトで

あなたを笑顔にしてみせる。

 

 

 

がんばるぞー!

見ててね、ばあば!

 

f:id:obajpn:20210926192649j:image