アクセス解析
レンタル掲示板

KUSHIZZI PROJECT  櫛橋 茉由

KUSHIZZIPROJECTオフィシャルブログ

<

イタリアメディアの取材。

www.pianetascherma.com

 

 

取材してもらいました。

グーグル翻訳

 

 

エストロ・ラシオニのレッスンのビデオをyoutubeで見た後、京都からサンジョルジョディノガロへ。日本のセイバー、櫛橋真由の物語。

 

京都のような日本の大都市を、ウディーンからわずか数キロのところにある7,000人を超える魂の小さな町に結びつける糸は何ですか?実際には、質問は別の方法で行う必要があります。この比喩的な「糸」の後ろには、文字通り腕と荷物を取り、サンジョルジョアノガロに向かって飛ぶところまでフェンシングを愛する女の子が実際にいるからです。

櫛橋真由は過去4年間フリウリに住んでおり、クリスチャン・ラシオニとサラ・ヴィンセンジンの指導の下、フェンシングのスキルを磨くためにジェミナ・シェルマに到着して以来、橋の下をたくさんの水が流れてきました。彼女はイタリア語の落とし穴から抜け出すことを学び、日本の全国女性サーベルチームに加わり、フェンシングに関連した独自のプロジェクトを開始し、それを通じて国内外でフェンシングキャンプを組織しました。小説からまっすぐに見える物語ですが、実際にはそれはすべて真実です。そして、すべては関係者によって言われるべきです。

京都からサンジョルジョディノガロへ:櫛橋はどうやってフリウリマユにたどり着いたのか?

大学卒業後、銀行で働き始めました。そして、私が撮影を始めたフェンシングクラブもありました。しかし、私は海外でのフェンシングの秘密も学びたかったのです。それで、マエストロ・クリスチャン・ラシオニのレッスンがあるビデオを見つけるまで、Youtubeでビデオを探し始めました。それで私は彼に私がイタリアに来ることができるかどうか尋ねる電子メールを書きました、そして彼はそう言いました。

そして、あなたは去りました

はい、私は仕事から1週間の休暇を利用して、イタリアに来ました。私は一人で来たくなかったので、母に同行してくれないかと尋ねました。彼女がなぜイタリアで何をしたいのかと私に尋ねるたびに、私はいつもそれは秘密だと答えました。私たちが到着したときだけ、私はフェンシングをするようになったと彼女に話しました。

どう思いました?

私たちが去ったとき、私はフェンシングバッグを持っていました、そして彼は私がなぜそれを私と一緒に持っていたのか私に尋ね続けました。私は旅行中もいくつかのエクササイズをしたいと彼女に言いました、そして結局彼女はとにかく私と一緒に来ることに同意しました。

ここに永久にイタリアに引っ越すことを決めたのはいつですか?

2015年に母と一緒にここに来ました。翌年銀行で働き終え、2016年4月にここに引っ越しました。私はマエストロ・ラシオニと、同じく非常に優れたマエストロである彼の妻(サラ・ヴィンセンジン編)と働き始め、イタリアで最初のレースを行い、次に日本でレースを行い、そこで代表チームにも参加しました。

どのようにイタリアに適応しましたか?大変でしたか?

最初は誰も知りませんでしたが、とても大変でした。それからゆっくりと他の日本人と出会い、家主も日本人で楽でしたが、初年度は大変でした。しかし、私のイタリア人の友達も私を大いに助けてくれました。私は毎日イタリア語を1日4時間勉強し、午後にはフェンシングに行きました。


前回の日本選手権で活躍中のまゆ(写真:くしっっっプロジェクト/ Facebook

フェンシングもあなたの仕事になりましたよね?

ここイタリアでは、私は剣士と学生に過ぎませんが、スコアを維持する必要がある全国大会のために日本に戻るときは、フェンシングキャンプの組織も担当しています。そして今、私のプロジェクトは、日本でフェンシング素材を販売するフェンシングショップにもリンクされています。また、時々、いくつかの学校や機関が私に彼らのためにフェンシングのレッスンをするように頼みます。

来年の日本にとって、国内でのオリンピックの大きなチャンスがあります。女性のセイバーチーム、より一般的には日本のフェンシングチームは何ができると思いますか?

日本では彼らはうまく働き、海外からも技術者を呼んだ。セイバーには、レベルアップに大いに貢献した韓国人マスターがいます。そして、彼は女の子たちとも素晴らしい仕事をしました。私たち日本人がワールドカップで64回目の抽選のトップに達する前に、今では、前回のワールドカップレースで江村が行ったように、彼らは8人に入るか、表彰台に上がります。アテネで。

 

 

嬉しいね!!!^^