アクセス解析
レンタル掲示板

KUSHIZZI PROJECT  櫛橋 茉由

KUSHIZZIPROJECTオフィシャルブログ

<

日本の仕事に関する1意見。

日本の仕事の世の中にはふたパターンの人間がいると思う。

 

 

1つは支える人

もう1つは切り開く人

 

会社員もアルバイトも営業マンも 支える人。

 

社長やクリエイターは切り開く人。

 

 

切り開く人って、

支える人がいないと切り開き続けられない。

 

 

 

支える人は切り開く人のアイデアに同調したりして、会社に入る。

そういわゆる企業理念に共感して、、ってやつ。

 

 

 

支える人は切り開く人のできないことを補う。

 

 

切り開く人は支える人の意見を取り入れる。

 

 

会社にはコンサルがいて、

芸能人にはマネージャーがいて、

選手にはコーチがいるように。

 

 

 

2対1体。

 

 

 

 

社会における強さ を持てるようになりたいといつも思う。

 

 

影響力とでもいうのか。

 

 

資格社会、実力社会になりつつある現在、

 

自分は社会に何ができるのかという札。

 

ナメられてはいけない。

 

甘さも必要ない。

 

 

 

プロジェクトの現実化には必要だと思う。

 

そして、何かあった時に人を守れる知識。

 

 

フェンシングの人 。

 

イタリアの人。

 

 

に、何を加えるか。

 

 

しかし一方で、逆を捉えると

 

何もなくても、いいと思うんだよなあ。

 

 

何もなくなっちゃっても、

何もなくても、日本では生きていけるし。

 

 

日本に生まれたことは、

これだけで儲けものだよ。

 

銃のない社会。

 

 

強いパスポート。

 

 

自己破産ができる国。

 

 

ただ、移民問題に対しては何とも言えない感情が沸き起こるが。

 

 

 

今の日本は、本当に完全すぎる。

 

豊かさゆえの闇が深い。

 

 

気づいた方がいい。さっさと。

 

 

 

自分達が情報規制されていることに。

 

 

情報的に鎖国をされていることに。

 

 

 

ね。でも良い国。日本。

 

 

 

 

 

屋久島行きたいんだ。すごく。

 

島行って、森の中でぼーっとしたい。

 

釣りしたい。

 

 

 

キャラだけの勝負?とでもいうのか

 

 

結果やスキルを追い求めるのは大事だけど、

 

 

人間として真っ当なら

何もなくてもいいじゃないかなあとか。

 

 

 

そこが自分の矛盾。

 

 

 

 

何かをしたいから、

 

 

 

追い求めてるんだろうなあ。

 

 

 

 

 

ぼーっとした時間も必要です。

 

 

 

さぁ、ロンドン到着。

 

 

 

f:id:obajpn:20180502143939j:image