アクセス解析
レンタル掲示板

KUSHIZZI PROJECT  櫛橋 茉由

KUSHIZZIPROJECTオフィシャルブログ

<

出会いの引き寄せ方。

世の中は、平成が終わると話題な本日、

あえて私は全然ちがうテーマで書こうと思う。

 

 

 

youtu.be

 

もうイタリア語だの英語だので頭がパンクしたので、

鼻歌が歌える余裕を持って試験勉強に取り掛かることにした。

 

今大事なのは気持ちよく試合に望むことだからね。

 

落ちたなら、また頑張ればいいし、

イタリアごも万全を尽くすけどダメならまた12月に頑張ればいい。

 

優先順位を間違えないのだ。一番はフェンシング。

なぜこう思ったかというと、今日久々にレッスンしたら、

なんだかめちゃめちゃ感覚が崩れていたから。ん、ちょっと伸びてる。

サーブルは感覚競技なので、とてもリズムが大切。

 

うちのコーチはそれに厳しい。

 

で、気づいた。

おおお、身体が悲鳴を上げている。

ちょっと休憩だね、毎日毎日机に向かい続けるのもダメだぬん。

と、思ったので、ゆっくりしている。

 

 

ちょっと休憩だ!ブラバーまゆ!

 

 

今日のテーマは、出会い。

 

 

人生を彩る、出会いをつくる と思い立ったが吉日。

 

いてもたってもいられなかったので、一件つくってみた。

新たな出会いが生まれたようで、出会った後はもうおまかせ。

 

 

 

はっきり言って、私のこれまでの人生は出会いで成り立っている。

 

まず親に出会った。

 

家族に出会った。

 

 

そして、いろんな人と出会って、

 

 

今クシッジプロジェクトを一緒に走ってくださっている人が

 

 

めちゃめちゃいる。

 

なんでこんなこと書くかというと、ミッションにしたからだ。

 

人生を彩る、出会いをつくる。

それがKUSHIZZI PROJECTですって宣言したから。

 

はっきり言って、今出会いを繋げてもらったり、いろんな人との出会いでここまできた。

なに?自分に自信あんの?って感じだけど。

 

ある。

 

だって、今まで自分が自分にやりたいよーって言ったこと

ほとんど全部叶えてきたもの。

 

 

でも、それは私の力じゃないんだ。

 

周りのサポートあっての結果なのだ。

 

 なに?よくアスリートが言うセリフですよねって?

真理だよこれは。何かを成し遂げると、成し遂げれば成し遂げるほど、

自分の力だけじゃ絶対無理だったって思うんだ。

1人じゃできないこと、成し遂げてるんだもの。

 

だから、心からこう言う。

 

クラファンにも書いてるけど、本当なんだ。

 

 

これが全部自分の力ですって私が言えるようになってしまったら、

もう終わりだと思う。人間的に。なりたくない。

 

 

 

出会いは必然とよくいうけれど、

 

 

私はこう思う。

 

 

出会いを引き寄せるには、自分がまず動かないといけないと。

 

 

なんか文章が最近やっぱりおかしいね。

英文的。笑

 

 

 

 

聖書の一節にこうある。(キリスト教の学校で育ったため知っている)

 

 

 

求めなさい、そうすれば与えられる

探しなさい、そうすれば見つかる

門をたたきなさい、そうすれば開かれる

 

 

聖書というのは、結構アスリートに効く言葉が散りばめられていて、

世の中に広まっている自己啓発書が語っている本当の大元は

こう言った聖典なのではないかと私は思っている。

 

いろんな宗教あるけれど、ブッダとキリストが説いている事って

だいたい似通っているよね。

 

生きる上の真理ってあるんだと思う。

 

 

 

 

私の場合、幸運だったのは全てフェンシングに関する事で、

自分のWANTが明確だった。

 

あ、これやりたい。こうなりたい。

でも、これに弱い。もうお先真っ暗。諦めたくないけど方法がわからない。

 

 

若干20歳の若者が、そりゃそうだよね。わからないよね。

 

 

フェンシングもわからなかったし、身体の痛みもわからなかったし、

心のブレもわからなかった。これから何がしたいかもわからなかった。

 

 

若者には、より先を走っている年長の方がいるのだ。

その人たちは、それぞれにプロで、行きたい地点への行き方を知っている。

 

 

 

 

だから、動いた。探した。インターネットを駆け回った。

 

失敗もした。変な人にも出会った。

 

 

それでもそんな若者に、手を差し伸べてくれる人はいるのだ。

 

 

 

求めれば、与えられるのだ。

 

 

でも、求めなければ、与えられることはない。

 

 

何を求めたいのかわからなければ、何も与えられることはない。

 

 

 

門を叩けば、開かれるのだ。

 

でも怖がったり、自分の弱さを認めなかったり、惜しんだり、めんどくさがったり

門を叩かずにいると、開かれることはない。

 

 

誰も自分の代わりに叩いてなんてくれない。

 

決めるのは自分なのだ。

 

 

 

誰かに相談をして道が開かれることもある。

ねぇお母さん、脚が痛くてもう無理だ。フェンシングできない。

 

私は高校3年生の時に歩けないくらいの怪我を負っていた。

毎日痛み止めの薬を飲んで、痛み止めの注射をいっぱい打って、

座薬を入れてインターハイに出て。今でも惜しまれる。

後少し出会ったのが早ければって。。。。

 

母は人づてに凄腕トレーナーさんの情報を仕入れてきた。

 

 

これも、求めたからだ。自分だけの力じゃ、もうどうにもできない。

18歳だったか。

 

 

彼は、私を治した。身体を根本的に改造した。

おかげで今私はこうしてフェンシングができている。

 

 

社会人最後の年も同じだった。

 

腰に大怪我を負っていた。これは本当に選手生命諦めようとしたぐらい

痛かった。原因は仙腸関節。骨である。

今もまだ、騙し騙しやっている。付き合って行くしかない。

だが、構えることすらできなくなった私を、救った人がいた。

 

これも探して探して、骨を調整できる人を見つけた結果である。

 

 

 

 

一方で、社会人一年目、私はクビ宣告を受けていた。

 

実業団に入れていただいたものの、結果が出ず本気で毎日泣いていた。

仕事も、とんでもない状況になってしまっていて、練習にもいけない日々。

 

そんな私は自分の心に原因があると考えた。

このお先真っ暗な状況をどうにかしないと、このまま夢半ばでフェンシングが終わってしまう。まだ何もやり遂げていない。

どうすればいいか。。。

 

 

 

探した。インターネットで。(なんでもネットである)

 

そこで声をかけていただいたのが今もサポートしてくださっているコーチである。

 

 

彼女はチキンな私を一から改革してくださった。

根気よく根気よく。

 

 

国体優勝した。

 

一緒に歩む過程で、イタリアに行くことを色々相談した。

 

イタリアに行った。日本の試合で勝った。

 

 

今、私はその通り、今ここにいる。

 

 

 

そう、ちなみに私は今のクラブもインターネットなのだ。

みんなにきっかけを話すとびっくりされるけどYOUTUBEだからね。

 

毎晩毎晩サーブルの動画を探していた。

レッスン動画を探していた。

 

 

誰か、私に合うコーチはいないか。

 

 

見つけて、今 ここにいる。

 

 

 

 

出会いには相性も大事で、人と合うか合わないかはもうフィーリングなのでこればっかりはどうにもならない。

 

 

合う人と共に走る。

 

 

合わない人はさりげに断ったり、そーっと離れる。

 

 

フェンシングなんてこの相性で全て決まると言っても過言ではない。

 

 

レッスンの相性ってとても大事。

 

 

私は彼と初めてレッスンをした時に、ピンときた。

合う。

ま、悔やまれるのはもう少し早く出会えたらよかったということだ。

大学時点でここに来たかった。と思わないこともない。

 

 

ま、ただもう少し早かったら実業団でしごいて頂いた、今の自分はいないわけだし、

 

なんとも言えないけど、私は自分の人生を後悔していないことは確実に言える。

 

 

こうして出会って来た人たち、まだまだいーーーっぱいいてくださるのだが、

今一緒に走っているのはこの方々。

 

 

 

 

 

そして、クラファンを通してたくさんの出会いがあった。

 

 

クシサポ部隊の皆様には、日々支えられている。Grazie。

 

 

 

要は何が言いたいかというと。

 

 

 

 

自分のやりたいこと、なりたい自分が明確であれば、

 

求めれば道は開けるよということだ。

 

行きたい場所、入りたい大学、勉強したいこと。

 

フェンシングの場合、先日も書いたが対人競技なので、

こうすれば絶対こうなる!という方程式なんてない。

 

 

ただ、いい方向に持って行く準備はできる。

 

今日の私のレッスンがボロボロだったけど崩れていたことが何かわかったように、

 

誰かの一言、ケア、レッスン、サポート で

扉が開くということもあるということだ。

 

 

与えられた出会いを、活かすのは自分。

 

与えられたチャンスを、掴むのは自分だ。

 

 

 

これやってみる?これどう?いいんじゃ?

 

と言ってくれる人って本当にありがたい。

 

 

自分にはない視点が、ある。

 

信じること、信じてやってみること、それが大事。

信じる人を間違うと終わる。そこは要注意。

 

 

そう言った面では、読書も一緒なのだがな。

 

 

 

 

しかし、一貫性は必要である。

 

こうなりたい!!と言っているくせに全然そんな行動してないじゃん。

では出会えない。

 

今私がこっそり進めている2021年のプロジェクト。

あ、次はこうなりたいな。思ったから始めている。

 

でも、えーやっぱりやめとこかな。。。そんなやりたくないかな。。。

なんて自分に言っていたら、出会いもチャンスも何もかも離れて行く。

 

 

 

出会いにはいい出会いも、悪い出会い(良くない出会い)もあるけど、

良くない出会いをなるべく避けることと、それからいかに学ぶかを考えることで、

数年後、あ、あの出会いはもう繰り返したくないけど、いい経験だったな。よかったな。

 

と思えるようになる。(私は社会人一年目は二度としたくない)

 

 

その道のプロ。自分が尊敬できる人。合う人。一緒に走ることができる人。

 

本当に助けられている。そして、感謝と敬意を払うことを忘れちゃダメだ。

 

 

 

いつも私の周りから、新たな出会いが生まれている。嬉しい。

 

 

トレーナーさんなんて、本当は教えたくなかったけど、

仲間や後輩たちに教えたら、国体帯同もしてくださったし、

しばらく大学の隠れトレーナーみたいになっていた。

 

 

そうやって繋がっていくのって、嬉しいよね。

お金や目に見えるものではないけど、何かを繋げることができるというのは

クシプロが世界にできるGIVE の一つ、なんだろうなあと思う。

 

 

 

 

ま、最近一番最強に疲れたけど最強に楽しかったのは

この前の12月のサーブルキャンプ だけどね。

 

 

人って、1人じゃ何にもできないんだよね。

 

私、1人じゃご飯も作れない。笑

 

フェンシングなんて1人じゃ試合形式の練習もできない。笑

 

 

最近忘れていたんだ。実は。

 

 

私なんでもできるかも、1人で。って思いかけていた。

 

 

気付かされた。

自分の大事な試合の前日に、 私にバコンとかましてくれた後輩がいた。

 

 

あ、1人じゃなかったわ。

そうだったわ。 

 

 

って。

 

 

 

こういう生活をしていると、ついつい自分に厳しく当たったり、

修行しすぎて枠にはまったりしてしまう。

 

 

たまには誰かと話したり、場所を帰るのも必要なんだよね。息抜きも。

 

 

 

 

 

薄っぺらい縁は欲しいと思わない。

フェイスブックだけの繋がりとか、それでもいいけど、

クシプロで一緒に走ってくださる方は、もっと濃い縁で。

 

 

こう、何かしっかりした一つの塊があって、

それを通して多くの人に何かを発信したり与えたり巻き込んだり。

 

言うなればチームって感じ。

 

 

 

 

5 (ファイブ)  5年後、あなたはどこにいるのだろう?

5 (ファイブ) 5年後、あなたはどこにいるのだろう?

 

 

この本が発売された時、買った。

 

運命的な出会いで、梅田の本屋さんで目に止まった。

 

 

もう6年前だ。5年経っちゃったな。

 

 

 

ここに書き連ねたこと、当時私が自分に求めたこと、理想。

 

 

ほぼほぼ叶っているのが素晴らしや私!!

いや、周りのおかげだよ本当。

 

 

 

なに?くしはしさん自己啓発本好きなんですかって?

 

あの、自己啓発本には二種類あると思ってて、

 

一種類めはなんか胡散臭いやつ。(怒られそう)

いや、なんかこんなこと言ってるけど、何?洗脳?みたいなんとか

え、書いてる人実際やって結果出てんの?みたいなんとか

 

二種類めは古典や真理を書いた本。

言うなれば、そう、孫子の兵法とか。思考は現実化するとか、

道は開ける とか。

思考は現実化する も なんか聖書と似通ってるんだよな。なんとも言えんけど。

 

私は後者には耳を傾ける。

 

 

実際にそれをやった人が書いている本には説得力がある。

 

 

 

この 5 はそれとはまた違ってどちらかというと自分に質問を問いかけて

自分で考えて見なさいっていう本。

ブレインストーミングみたいな。ファシリテーションみたいな感じ。

 

 

答えはないけど、自分のWANTがよくわかる。

 

 

英語でそもそも発売されていて、可愛いのは

1 とか 2 とか 10 とか色々ある。

 

 

 

 

話が逸れてきた。お腹が減った。

 

 

 

そう、だから出会いに感謝して、

 

 

5月突っ走りますってことだ。

 

クラファンをサポートしていただいている方々。

 

 

私のイタリアからのあーだこーだを日本でいつも受け取ってくださる方々。

 

 

 

友人たち。(なんか最近出産ラッシュなんですけど、めでたい!!!)

 

 

いつもありがとう。

 

 

 

もし会えたら5月どこかで会いましょう。

 

 

12日は成城学園前で試合をしてるよん。

 

 

 

 

令和もよろしくお願いします!!!(ん、MACは変換で出てこない、まだ)

 

 

 

私の周りの人たちが、どんどん繋がっていけたらいいな。

 

 

 

 

たくさんの笑顔が生まれますように。

 

 

 

 

ふんふーん♬明日も練習頑張ります。Ciao!