アクセス解析
レンタル掲示板

KUSHIZZI PROJECT  櫛橋 茉由

KUSHIZZIPROJECTオフィシャルブログ

<

奇数の年。

今日は日曜日。久しぶりのイタリアでの日曜日。

 

 

普段は日曜日なにしているのかというと、

 

 

試合がない時は、基本的に家にいる。

そして、パパスとママスのお家でランチをして、

 

あとは家でリラックス。ギターを弾いたり、掃除をしたり

布団を干したり。

 

していたのだが、最近めっぽうそんな日曜日を過ごしていなかったので、

すごくゆったりした今日。

 

 

朝からW杯の動画をずっと見ていたのだけど、

ミケちゃんが大健闘のベスト16でみんなでワイワイ。

 

 

ああ、試合に行きたいなあと思いながら、

ずーっと見ていた。ずーっと。笑

 

2018年度、コケまくった私はランキングが現在急降下で、

ポイントが本当にない。笑

 

かろうじて3月までは首が繋がっていさせて頂いてるので、

今頑張って筋肉を取り戻している最中である。

 

 

言い訳をする前に、練習しないとね。

 

 

スト2回のチャンスを、ものにするぞ今度こそ。

 

 

 

 

とまぁ、リラックスしていたら、頭がようやく働き始めた。

 

 

私、奇数の年は大抵振るわないのである。

 

 

 

2017年、日本の試合に勝った。前半は。

後半はもうだだ崩れ。

 

2018年、日本の試合に負けた。

でも、W杯でようやく予選を上がれるようになった一発目のフランス。

フェンシングの結果としては冴えない年だったけど、

クシプロとしては大躍進の年であった。

 

2019年、年始早々こけた。笑 もう笑い事にしてしまいたい。

なにが悪いとか、誰が悪いとか、なにがよかったからとか、

なにが悪かったからとかじゃなくて、

神様からの休憩しろコールだったんだと思う。

ずっとずっと一年間突っ走っていたから。2018年。

 

 

ちょっと待て!!!

 

そのままじゃあ身体を壊すぞ!!!!

 

 

っていうストップだったんだろうな。

 

 

 

そして、ようやく1ヶ月ぶりに思い切りダッシュができるようになった。

 

 

え?そんなことって?

 

 

サーブルっていうのは瞬発性の高い競技だから、

ダッシュとか心拍数を上げる動きができないと、競技にならないのだ。

 

 

 

息がハアハアいってもしんどくなくなった。

ステロイドってすごい。

 

 

 

そんな奇数の年は、基本的におとなしくする傾向にある。

 

 

2014年、私たち大阪シティ信用金庫のチームは、

一大プロジェクトを立ち上げて、それに向かって奮闘した。

 

やったことない エペ で国体優勝しようぜと。

 

日本中を駆け回り、エペのコーチを捕まえてはレッスンをお願いした。

 

剣整備もできるようになった。

 

フェリーで大分まで行った。

 

信金時代は実を言うと、自分の実力を高めるため、そして大好きなフェンシングをもっと強くなって続けるため。に焦点をおいていた。

 

いつか留学するための資金を稼ぐためでもあった。

 

 

この話はいつかクシプロが本を出すときに詳しく書きたいのだけれど、

 

チームとは

 

と言う問いに答えられるような、チームだった。

 

決してみんな馴れ合いの仲良しではなくて、

年齢もバラバラで、

出身もバラバラで、

 

それでも私たち3人の目指す方向は同じ。

 

仕事の使命である、国体優勝。

 

 

みんなにバカバカしい話だときっと思われていただろう。

 

でも私たちの選手としてのスペック的に、できない話ではないと思ったんだ。

 

一から始めるフェンシング。笑

 

少なくともみんな代表経験(サーブルね)のある選手だったので、

フルーレで狙うよりエペだと思った。

 

 

って言うのを3人であーだこーだ言いながら、

ときにはガチで喧嘩しながら進んだのち、

 

なぜかフルーレで優勝したのが2014年。笑

 

 

 

使命を果たしたと私は思ったので、

次の道へ進むことにした。

 

 

偶数の年は悪くない。

 

 

 

2015年はキツかった。

自分自身、選手生命が危ういくらいの怪我をして、

ギリギリの選手生活だった。

 

 

と、奇数の年はいっつもなんか次のステップへの一生懸命な充電期間という感じだ。

 

 

 

コツコツコツコツ、悔しくても、なかなか前に進まなくても

コツコツするのが奇数の年。

 

 

というわけで、私は現在勉強トレーニング期間。

 

 

なにが今の私に必要か、考えて、

 

ゆっくりやり始めた先週。

 

人に言えるのなら、自分にも言えるはずだと思った。

 

 

 

どうしたら勝てるか。自分に問う。

 

 

 

自分にずっと問い続ける。

 

 

どこに行きたいのか。

 

 

誰と行きたいのか。

 

 

どうやっていくのか。

 

 

 

そのためになにをするか。

 

 

 

 

英語を学ぶ。イタリア語を学ぶ。韓国語を学ぶ。

 

ウェイトトレーニングをする、ダッシュをする。

 

 

戦術を体に染み込ませる。

 

 

言い訳をしたいのが人間。

 

 

 

言い訳したい自分を認める。

 

 

 

それでいて、前に進む。

 

 

 

 

いろんな企画や仕事。

 

 

やろうと思えば作り出せる。

 

 

 

それでも今はどうしてか、

 

 

勉強とトレーニングに集中したいのだ。

 

 

なぜかはわからない。2月3月という日本でいうと新学期への準備の時期だからだと思う。

 

 

仕事をするのは、夏と冬の2回にしよう。

 

 

 

学生とはいえどフリーターなので、

ファンクラブの皆様には本当に感謝ばかりで、

先日からゆるーくやっているクラファンをご支援いただいた方々や、

今まで私のプロジェクトに賛同してご支援いただいた方々への感謝は

 

もう地球一周するぐらいでありまする。

 

 

 

口では こうしたいんだ!!!!

 

と言っていても、実力がなければなんの意味もない。

 

 

 

できるんです!!!

 

と言っても目に見える資格がなければ認めてもらえない。

 

 

 

英語イタリア韓国語の資格。

 

 

そして、コーチの資格を取る。

 

 

え?大学はって?

 

 

とりあえず語学を学ぶ場としてしばらく活用させていただくことにした。

 

 

車がないと、やっぱりどうにもならない。

 

 

夏にマニュアルの免許とります。

 

 

 

自分をゆっくり見つめなおし、

 

 

 

実力をつけるための充電時期にする。

 

 

 

 

 

 

2020、全てが花開くように。

 

フェンシングにおいて持続可能性のある世界と日本の関わり方を生み出す。

 

 

 

今は静かに耐え忍び、日々修行して時を待つ。

 

 

 

そんな時期なんだろうなとお風呂に入っていて思いました。

 

 

 

そして、日本の私の帰る場所にいる人たちに、

しばらく修行しますと言っておきます。

 

 

イタリア語を話せるようになった。

それは修行時期があったから。

 

それと同じで、春に向けて、

準備、準備。勉強します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生にはぐいぐい攻めることができる時期と

コツコツ充電する時期があると思う。

 

 

どんな時でも自らの行き先を見失わずに

 

少しずつ前へ進んで行きたいと思う。

 

 

 

 

人生の流れに乗りながら、

 

 

大きなビジョンを描いていきたいと思う。

 

 

KUSHIZZI

 

 

 

f:id:obajpn:20190225040909j:plain