アクセス解析
レンタル掲示板

KUSHIZZI PROJECT  櫛橋 茉由

KUSHIZZIPROJECTオフィシャルブログ

<

サーブルキャンプ終了!

[クシプロニュース久々の巻]

えー、皆さまおはようございます。
私はここ数週間突っ走っておりました。
まず、全日本選手権
我がコーチを日本に招待して、一緒に戦いました。
そして、クシフェス。
初めての試みでしたが、私の友達と友達が繋がったりして、久々の家族にも会えて、
とても嬉しかったです。

最後に、今回のクシッジプロジェクトサーブルキャンプ。日本代表ヘッドコーチの Wookjae Lee 氏にお話を頂き、何回もミーティングを重ねて作り上げました。
ご協力頂きました、Hiroshi Hashimoto コーチ、Koji Yamamoto コーチ、Kenta Tokunan選手、青木千佳 選手、Norika Tamura選手。
私のイタリアからの連絡にすぐに応えて、助けて頂き、合宿を共に作り上げていただいた、スタッフの方々には感謝してもしきれません。いかんせん、本人日本にいませんから!笑笑
そして、様々なことでご協力頂いた Emura Koji氏に心より感謝を申し上げます。

日本のサーブルをもっと強くしたい。
世界トップレベルの日本サーブルを全国に広めたい。
ミニムからベテランまで、みんなが集まる合宿を作りたい。

ずっとイタリアからは思っていましたが、機会がなく、今回このような機会を与えて頂き、
私自身本当に嬉しかったです。
電卓をすぐに叩けるので(正確性に欠けますが。)元銀行員でよかったと思いました。笑笑

ご参加頂いた皆様が、笑顔でお帰り頂いたこと、
楽しかった!!と言っていただける声が、
これからの日本代表の力にもなります。

そんな日本代表は普段、世界と戦っています。
ぜひ、そんな日本サーブルの選手やコーチと知り合い、関わり、一緒にフェンシングをしてみてほしい。
今までにはない何かが見えると思います。

私個人と致しましては、今後はまだイタリアでの活動を続けます。
ワールドカップに挑戦を続けながら、
我がコーチたちに弟子入りをして、コーチとしての勉強を始めます。
今の選手としての自分が、まだ試合に挑戦を続ける意味。
それは、まだ自分が成長できているからです。
いつかワールドカップでメダルがとりたい!
そんな目標を持っているわけではありません。

自分の実力はわかっています。
それでも挑戦できる機会があるなら、
少しでもいい結果を掴みに行く。
そのための準備をする。

甘い?生意気?趣味?娯楽?

こうして、イレギュラーに日本の外から日本と関わっているので、何を言われても構いません。
今までいません、こういう形。

日本の外からだからこそ、わかることがあり、
世界のレベルを常に感じることができます。

だからまだ、帰りません。

修行を続けます。
いつか必ず、全日本選手権の会場のベンチに
学生でなく、コーチが座る国にしてみせる。

ひとまずこれにて、第一弾のクシッジプロジェクトサーブルキャンプは終了です。

来年の夏、またどこかで会いましょう。

沢山の笑顔に感謝を。

#フェンシング #fencing #sabrecamp #サーブルキャンプ #熱血 #私たちフェンシングの話ばっかり #日本代表 #箱根 #極寒 #まだ東京 #居候 #イタリア

 

f:id:obajpn:20181218100435j:imagef:id:obajpn:20181218100453j:imagef:id:obajpn:20181218100520j:image

 

f:id:obajpn:20181218100445j:imagef:id:obajpn:20181218100504j:image