アクセス解析
レンタル掲示板

KUSHIZZI PROJECT  櫛橋 茉由

KUSHIZZIPROJECTオフィシャルブログ

<

私の周りの人。KUSHIZZI人間関係論。

今日話をしていた。

 

「人を使うの上手いよね。」

 

え、バレた?

 

 

本人、全くもってだらしがなく。

毎日誰かを頼ってばかりである。

 

 

とのことで、KUSHIZZI人間関係論をまとめてみようと思った。

 

 

私の考える人間関係で第一に言えることは、

 

 

嫌な感じのする人とは一緒に居たくない。ということ。

 

 

そして、私が何よりも重視するのは、

道を閉ざす人とは一緒に居たくない。ということ。

 

多くの友達はそこには当てはまらず、

話していて楽しいなー。っていう人が私の友達・

 

 

近くにいる人は、それに加えて、

この人尊敬できるなあ。っていう人。

ああ、私にはできないなあ、そんなこと。すげえなあ。

っていう人。

 

一番近くにいる人は、それに加えて、

あのーすみません、だらしないんですが、いいですかねえ?

って言える人。

ダラダラしてても、別に気を使わない人。

 

 

そんな私。周りの人選びには、神経質なほど気を配ってしまう。

 

だって嫌じゃない?

 

こんなアイデアあるんだけどさ!!!!どう思う?

 

って閃いた時に、

 

 

え?そんなの無理じゃない?

だって、〇〇できないでしょう?

 

って返してくる人。

 

 

意外とたくさんいるんだよね。

できない言い訳から入る人。

 

でもね、

 

 

おーいいじゃない!やってみなよー!!

 

ってだけいう人も、ちょっと物足りない。

 

 

私の場合、

 

おーいいじゃない!やってみなよー!!

けど、こんな方法もあるし、こんなこともできるんじゃない?

うーん、この面に関しては考え直したほうがいいかもよ。

 

っていう人が好き。

 

賛同してくれて、それでいて、

耳が痛いこと、言ってくれる人。

 

自分もそういう人でありたいと思う。

 

 

 

 

私の悪い癖として、すぐ人に頼る。

助けてー。

 

もちろん、助けてもらったら、次は自分が助ける番である。

 

人間関係は基本WINーWINで成り立っていると思うのだけど、

 

たまーに無条件というのが発生する。

 

無条件で、なんか関わりたくなる人。

 

 

なんかこの人、空気感いいな。

 

なんかこの人、ちょっと話してみたいな。

 

 

 

私はこの無条件な人を目指している。笑

 

WIN_WINはビジネスの場合が多いよね。

 

 

なんか、助けてやりたいなあこの人。

 

 

助けてください!!!大変なんだ!!!!困っています!!!涙

 

周りにHELPをしまくり、大学を卒業し、就職活動をせずに就職し。笑

 

 

 

そうやって沢山の人に助けてもらって、ここまできた。

 

 

 

ここで、大切なことがある。

 

 

 

 

クラウドファンディングにしても、人間関係にしても、

本当に無条件で私に関わってくれる人たちばかりだ。

 

 

無条件の人を目指している ってちょっと聞こえは悪い。

 

 

 

 

でもね。将来私が作るプロジェクトや、会社。

そして、出版しようと考えている本。写真集。

 

 

私はそれらのツールを使って、支えて下さった方々に恩返しがしたいんだ。

 

今はまだ全部はできないかもしれないけど、

できるところから徐々に形にしていくよ。

 

 

 

 

今自分がやっているビジネスや、もちろんフェンシング。

イタリア生活。

 

 

全てにおいて、いろんな人の力をお借りして突っ走っている。

 

 

 

集めてもらった元気で作った元気玉で、大きな目標を追っている。

 

 

 

その力があれば、かなりしんどいインターバルトレーニングだって、

ウェイトトレーニングだって、

乗り越えられたりするんだよね。

 

今まで私に力を貸して下さった方々のイニシャル入りのTシャツを作って

全日本戦おうかなあって考えている。

 

 

助けてえええええええええ!!!!!

 

しゃあないなあ、あいつの頼みやったらちょっと聞いてやるか。

 

 

 

そう思ってもらえるような、行動をする。

そう思ってもらえるような、人間性を作る。

そう思ってもらえるような、会社を作る。

 

 

え?会社が人を頼るのって?

 

 

 

あったりまえだ。ビジネスは人と人の関わりの中で生まれるものだ。

 

あの社長、全然社長っぽくないけど、色々頑張ってるよな。

そう言ってもらいたい。

 

ほんとうちの社長なんにもできないんですよね。

全部助けてますもん。

 

って言ってくれる人を秘書に迎えたい。笑

 

 

 

本当に、本当に、

 

いつも私の 助けてえええええええええ!!!

 

 

に答えてくださる方々、

 

 

この場を借りて心からの感謝を申し上げたい。

 

情けない28歳ですみません。

最近やっと野菜がうまく切れるようになりました。

 

 

 

KUSHIGIVE において大切なことは、

言っても足りないありがとうをちゃんと人に伝えることだ。

 

すみません はちょっとでいい。

 

ありがとう って言ったらいい。

 

 

感謝の言葉を考えた人間は天才だ。

 

 

それだけで、人間関係が驚くほどスムーズになるのだから。

 

 

 

あなたのおかげです。ありがとう。

 

 

 

そう伝えられる人を、どんどん増やしていきたい。

 

 

一人で走ってるPROJECTじゃないから。

 

 

絶対忘れてはいけないことだし、奢ってもいけないことだから。

 

 

 

日本語を話すと、日本に帰りたくなる。

 

 

 

それでも、私はここで頑張るって決めたんだ。

 

 

 

毎日ほんとしんどいけど、今シーズンやりきってやるさ。

 

 

明日からは仕事。

 

 

 

10月はいろんな準備ができる月。

 

 

 

体つくりにしても、事業にしても。

 

 

 

 

人を、頼って。笑

 

進んでいこうと思います。笑

 

 

 

あの人も、あの人も、あなたも、君も。

 

 

 

ほんと、いつもありがとうね。

 

 

 

救われています。本当に。

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BozXnFul40F/

Come on, new season. #newseason #fisical #kushizziproject