アクセス解析
レンタル掲示板

KUSHIZZI PROJECT  櫛橋 茉由

KUSHIZZIPROJECTオフィシャルブログ

<

コーチ目線の場合。

自身の試合が終わると、

落ち込んでいても仕方がないので、

コーチ目線で試合を見はじめる。

 

 

実際に選手と話をしたり、

試合を見たりしていると、

 

本当に沢山のことに気づく。

 

 

あ、この時はこれだな。とか、

この選手はこれができるから、ここで勝負だな。とか。

 

それを冷静に見れなくなると、負けるのが私。

 

 

頭が働いている間は、勝てる。

 

 

 

実際のところ、ナショナルチームレベルの選手になると、

持っている技もタイミングも一流なので、

あ、これだ。っていう戦い方が側から見ていたらよくわかる。

 

 

完成されていない幼い選手だと、

この子はここを伸ばせばもっと強くなるなあとか。

 

 

ワールドカップレベルで判断し、練習していないと、きっとこれらには気づけない。

 

 

イタリア国内もかなりレベルは高い。

 

イタリアにはイタリア流が確かにあるし、

そこで勝てるからこそ、ワールドカップでイタリア人は全員ベスト64に入ったりする。

 

言い方は悪いが、

日本にいると、どんどん退化していく。

目が、レベルが。

 

東京だけだ。話のレベルが合う場所は。

 

 

 

私も選手なので、そりゃあ勝ち負けはある。

日本の東京以外で練習している選手に負けたりする。

選手だからね。

 

 

ただ、コーチ目線として言えることは、

世界で勝てる練習をしないと

絶対に絶対に世界では勝てない。

 

世界の審判を知らないと

それだけで戦いの場に立てない。

 

 

常に高いレベルに身を置いていたい。

 

 

細かい細かい審判のフレーズに気づける自分でいたい。

 

 

常に世界を感じていたいのだ。

 

 

 

救われているのは、ウチのマエストラは国際審判員で、

 

かなりレベルの高い審判が、クラブでは行われていること。

 

 

だから、ここにいる。なんて。

 

 

そんなコーチ目線。