アクセス解析
レンタル掲示板

KUSHIZZI PROJECT  櫛橋 茉由

KUSHIZZIPROJECTオフィシャルブログ

<

ふるさと。

f:id:obajpn:20180517194434j:image

 

 

ちょっとちかくまできたので、

 

寄ってみた。

 

 

 

みんな元気そうでよかよか。

 

 

 

大阪は私のふるさとである。

 

 

 

f:id:obajpn:20180517194522j:image

 

 

あ、新しいデザイン。

 

 

 

こんな感じ。

 

 

 

人に伝えることって、噛み砕くんだけど、

 

 

結局自分ができていないと、教えられないわけである。

 

 

 

世界トップの選手の試合を間近でみると、

 

 

たくさん学ぶことがあるし、

 

 

その人たちと常に戦うことで、

 

私のレベルは常に上がっていて、

 

やる技も変わっている。

 

 

 

試合に出るたび審判員のフレーズはどんどん変わるし、

 

 

それが変わるということは技も変わっていくし、

 

 

練習課題も変わっていく。

 

 

 

 

日本の悪いところは、良いコーチが少ない。

大学レベルになって、やっと良いコーチに出会える場合が多い。

 

特にサーブルにおいて、

 

世界レベルの選手を育てられるコーチが少ない。

 

 

 

フルーレや、エペはいる。

 

 

フルーレは日本全国レベルが高いし、

 

 

エペも各地に何人か世界レベルの先生が。

 

 

 

 

ただ、サーブルにおいては、地方と東京の差は未だに埋まらず、どんどん離れていく一方だ。

 

 

 

イタリアは各地に世界レベルのコーチがいる。

 

 

 

みんなすぐにワールドカップのベンチに入れるくらいのトップコーチ。

 

 

日本は?

 

 

 

言い方は悪いが、

 

正しいルール、最新のルールを把握しているコーチが少なすぎる。

 

サーブルはルール改正が多く、

審判にとても左右される。

 

 

選手が試合中に振り返った時に、

 

正しい 正しくない の的確な判断ができなければならない。

 

 

なんの動きが正しくて、正しくないのか。

 

 

戦術はなにが有効か。

 

 

いつビデオを使うか。

 

 

全てベンチ外からのコーチの役目だ。

 

 

 

何年も前の、自分がやっていた時のサーブルを教える人がよくいるけど、

 

 

サーブルなんて、ワールドカップ毎に微妙にフレーズが変わっていくのだから、

 

 

時代遅れだとしか言いようがないし

 

 

そんなコーチに教わる選手が、憐れな遠回りをしているとしか考えられない。

 

 

コーチは選手が選べるようなそんな日本を作りたい。

 

 

 

選ぶ 手 。

 

なにを選ぶ?

 

目標 コーチ 戦術 。

 

 

常に進化しているのだから。

 

 

常に勉強しなければならない。

 

常に世界にアンテナを張っていなければならない。

 

 

 

私はイタリアに行って、

システムとコーチスキルも勿論勉強させていただいている。

 

私のコーチはプロ中のプロである。

 

全信頼を寄せている。

 

 

一方でナショナルチームのコーチからは世界の戦い方、コーチの役目、振る舞い方をいっつも盗ませていただいている。

 

 

周りのコーチがトップコーチだと

 

学ぶことばかりなのだ。

 

 

選手としても、将来のコーチになりたい自分としても。

 

 

 

 

だから、イタリアの大学院で学びたいと思った。

 

 

 

知識はフェンシングに必ず活きる。

 

 

その軌跡が、必ず自分に積み重なる。

 

 

 

もっと頭を使おう。

 

 

コーチというのはボランティアじゃない。

 

 

アメリカでは完全な仕事だし、

 

イタリアもそうだ。

 

 

 

日本はボランティア意識が強すぎる。

 

 

頭を使って、

 

 

 

 

日曜日勝つ!