アクセス解析
レンタル掲示板

KUSHIZZI PROJECT  櫛橋 茉由

KUSHIZZIPROJECTオフィシャルブログ

<

私の15年ほど一緒にいる幼馴染のような人。クラウドファンディングの追い込みを

やっていたら、もう何十年の付き合いかわからない家族みたいな相方というか

親友なのか、いやもはや姉だなからラインが。

 

f:id:obajpn:20180330042439p:plain

 

 

彼女、今は仕事バリバリなんだけど、

 

中高大と私の一番近くでぶっ飛んだ私の尻拭いやお世話をずーっと

してきてくれた人なのです。

 

 

今ヒーヒー言いながらやっている大学関係の書類も、

あれ?こんな授業取ってたっけ??みたいなのがあるわけですよ。

 

 

ここだけの話、彼女が壮大に協力してくれてたわけですね、

ノート貸してくれたり、その他諸々。

昔はやんちゃだったので、ああ、いまもやんちゃだけど、

学校行っても朝から晩まで寝続けたことあるくらいの悪ガキだったわけですよ。

朝練して、昼練して、夜練して。

その隙間の授業は寝る。笑 今から考えたら親に申し訳ないですよね。

たっかい学費払ってもらってたのに。私は悪ガキだった!!!

 

 

 

中学の修学旅行もそういえば一緒に行ったなあ。

一緒のクラスだったのは一回だけだけど。

 

入院した時もお見舞いきてくれたし、

いつもベンチで叱咤激励してくれてたし、

何より、一緒にずっと団体戦で戦ってくれてたわけですよ。

全国2位になった試合は今でも忘れません。

 

 

中高の同期は最終的に二人だけになってしまったんですけど、

海外遠征とかでなかなか練習にいけなかった私を何も言わずに応援して

送り出してくれて、

自分は部長としてクラブを引っ張っていてくれたわけですよ。

 

大学もなんだか同じ学部に行くことになったので、

もう金魚の糞ですよ私。

フェンシングバカの私をいっつも文句言わずにお世話してくれて。

合宿で先輩の洗濯物が上手にできない私の代わりに、

というか眠たくて寝てしまった私の代わりに

せっせと働いてくれてたり。

 

大学の時こそ私は好き勝手にあっちこっち行ったり、

勝手に友達と遊びに行ったり、

むちゃくちゃやってたわけですよ。

 

それでも彼女は何も言わずに、そばにいてくれた。

 

 

勉強があまり好きではなかった私。

 

助けて。。。。。。!! と行ったらノートが渡される。笑

 

彼女のおかげで私はフェンシングを続けてこれたし、

大学も卒業できた!!!笑

 

ちなみにもう一名中高大、学部も一緒の似たような幼馴染がいるんですけど、

彼女は同じ種目だったので、そりゃもう無茶苦茶な私の二次災害こうむりまくりですよね。同じくらい感謝しています。もちろん。

彼女もノート貸してくれた!笑 学部同じ万歳。

 

兎にも角にも私が今まともな人間に成長し、フェンシングできていられるのは

そういったお世話をしてくれた仲間のおかげなわけなんですよ。

 

 

いやー書いてて思うけど、よく愛想尽かされなかったな。。。笑

 

そんな素敵な人たちに、昔も今も変わらず支えられています。

 

尊敬してるんですよ、ちゃんと。

 

 

 

仕事バリバリだし。

 

 

 

 

彼女たちの言うことなら、私はゆうこと聞きます。

 

 

将来有名になって、あなたたちのおかげです!!ってテレビで宣言するぞ!!!

 

 

 

 

ありがとう。これからもよろしく。