アクセス解析
レンタル掲示板

KUSHIZZI PROJECT  櫛橋 茉由

KUSHIZZIPROJECTオフィシャルブログ

<

フェンシング選手、自己主張。

f:id:obajpn:20180129235720j:plainf:id:obajpn:20180129235648j:plainf:id:obajpn:20180129235612j:plainf:id:obajpn:20180129235540j:plainf:id:obajpn:20180129235509j:plainf:id:obajpn:20180129235441j:plain

 

アメリカのステーキはでかく、

たまたま会場で再開した小さなアメリカ人の友達と、

私達の足。

 

 

フェンシング選手と言われると、試合にきている時は明らかにそうなのだ。

 

私の人生の説明に、フェンシングは欠かせない。

のだが、

 

それ以外の 看板 を自分に貼りたい。

 

 

だから活動は

KUSHIZZIPROJECTとして行なっていきたい。


こいのうた MONGOL800

 

 

こちらは仲間に最近教えてもらった歌。

 

 

日本のリズムってなんかほっこりするよねやっぱり。

 

 

 

 

フェンシング選手 でありながらの、何者か。

 

KUSHIZZIPROJECT。 

 

 

特に、感じたのが

 

団体戦というものは2パターンあって、

個人の実力が高く、その個人毎に点を取って戦う場合と、

個人の実力ももちろんある上に、団体としての 塊 で戦う場合と。

 

私は、ずっと塊のチーム作りに重きを置いてきた。

なぜなら、スーパースター集団には個人では敵わなかったから。

 

 

個人戦は 自分のため。

 

団体戦は、自分のため と 誰かのため として戦いたい。

 

 

 

国のためであったり、誰か応援してくれる人のためであったり、

チームメイトのためであったり。

そして、全員で結束して、助け合ったり、共に喜ぶ。

 

それが団体戦の面白さなんじゃないかな。

 

 

 

日本人は団体に強いと思う。

いつも塊で動いているから。ああ、イタリアも。笑 犬の群れ。ワンワンワン。

 

 

ああなんか、いろいろ考えていると

経営の勉強をしたいかなあ。社会学だとか。

 

私の夢を叶え続けさせてくれている本がある。

 

5 (ファイブ)  5年後、あなたはどこにいるのだろう?

5 (ファイブ) 5年後、あなたはどこにいるのだろう?

 

 

 

社会人時代に、そうあの梅田の本屋さんで見つけたのだ。

この本に出会わなかったら、私は今ここにいないだろう。

ああちょうど5年前。私はこの本に書いた。

 

留学、そしてナショナルチームに入ること。

 

はは、叶っちゃったぜ。

 

そして、そのシリーズの本を今回アメリカで購入したのだが、

その一節に、

 

あなたはあなたの持っているギフトを、

どうやってこの世界に届けていきますか?

 

という一文があった。

スキルであったり、人間性であったり、学歴であったり、才能であったり。

 

 

 

私はまだこの答えを記入していない。

 

 

 

そして、そのギフトを届けるための知識を、今年大学で学びたいと思うのだ。

 

 

そう言いながらも

結果的に、私は自分のフェンシングを強くするために全てを選んでいる。

全ては繋がっているのだ。

 

神様は私にフェンシングが大好きすぎる心を与えてくれた。

 

 

 

それを精一杯使い切ってやろう。

 

 

 

ボルチモアよ、そろそろチェックアウトの時間だ。

 

 

見てろよ、来年はもっと強くなって帰ってきてやる。

 

 

 

 

前へ進もう。

練習あるのみだ。