アクセス解析
レンタル掲示板

KUSHIZZI PROJECT  櫛橋 茉由

KUSHIZZIPROJECTオフィシャルブログ

<

2018年の出だし

昨日のブログにも載せたが、個人戦で日本で史上初の銀メダルを

江村選手が獲得した。

 

金メダルまであと数ポイント。

 

試合を見ていて、日本のレベルはついにここまでやって来たんだと感動した。

それも我等がカリスマコーチ、ウッチェコーチの力である。

昨年頃から、ウッチェコーチと知り合って、10月から実際に一緒にW杯を回る中で、

この先生は本当にすごい。と思う場面が多々あった。

 

選手はもちろん頑張っているし、素質を持った子たちがたくさんいる。

しかし、いくら素晴らしい素質を持った選手がいたとしても、

フェンシングを知らなければ、試合で勝てることはない。

 

それが、元韓国ナショナルチームの監督で、オリンピック金メダルに導いたこのウッチェコーチが日本のコーチになられてから、

日本は史上初ばかりの結果を残し続けている。

W杯3位同時に二人。 世界選手権BEST8に3人。団体4位。

そして今回のW杯準優勝。

 

もちろん、練習は厳しい。

しかし、本当にすごいのだ。

戦術、戦略、コーチング。 世界とのコミュニケーション。人脈。

 

私が言うのもなんだが、日本女子サーブル東京オリンピックでメダルを取ることは

決して遠い道のりではない。このコーチがいらっしゃれば。

 

いずれ韓国語もちゃんと話せるようになりたい。

もっとこのコーチの話を聞いてみたい。そんなカリスマヘッドコーチ。

 

実際イタリアで好き勝手やっている私もチームに迎え入れて下さる。

そんな懐の深さがありき。

 

f:id:obajpn:20180129115305j:image

 

 

 

私のヘッドコーチは彼。クリスチャン。

でかい。

 

 

f:id:obajpn:20180129115314j:imagef:id:obajpn:20180129115319j:image

 

 

日本女子サーブルのオリンピックへの道のりは、まだまだ長い道のりである。

来シーズン、まだW杯が8試合。

今シーズン、残り4試合。

 

世界のフェンシングというのは、年間8試合のW杯と、大陸別選手権、

世界選手権。という一年である。

 

一年中、世界中を飛び回る。そんな競技。

特に夏は海外はオフにはいるが、日本はまだ試合が続くので、

日本人は一年中活動している。笑

 

室内競技とはいえ、夏にやる競技ではない。暑すぎるのだ。防具が。

 

そんな日本女子ナショナルチームである。

 

 

私は今回、またもや結果としては予選敗退という悔しい結果で終わった。

しかし、どうしてこんなに元気かというと、やっとW杯の空気を掴めたのだ。

そして、自分のやるべきプレーがはっきりと見えた。 

 

費用はかかった。しかし、経験というものはお金ではやはり買えないのだ。

今しかできない事に投資。これに限る。

 

 

そして、試合を見ていると、本当にたくさんのことが見えてくる。

ここで行われているこの試合が、現在のサーブルの最先端であり、

世界のトップレベルなのだということ。

そして、日本チームは、現在世界ランキング上位者が3人もいる。

5年前だったら考えられないことだ。

 

各国のコーチ、選手の振る舞い。技。

戦術の組み立て方。

 

その場に実際にいることで、とても勉強になるのだ。

 

そして、日本には見て学べるカリスマコーチありき。

 

 

将来はプロコーチになりたい。そのために、この経験は絶対的な糧になる。

選手の心理、コーチの駆け引き、アドバイスの方法、審判へのゲームメイク。

 

ああ、W杯に来るたびに、新しいことを学んで帰っている気がする。

選手としても、コーチの勉強としても。国際感覚も。

 

 

いい出だしであった。

 

 

そして、心からのおめでとうを江村選手に贈りたい。

 

 

その銀メダルが、日本人に 可能性 を与えた。

 

私たちも頑張ったら、できるかもしれない。

今からサーブルを始める子は思うだろう。

 

あんな風になりたい。

もうすでに始めている子達は思うはずだ。

 

日本のサーブル界全体で、東京オリンピックに向かっていけたら

必ずメダルは取れるはずだ。

 

 

私も、もうすでに選手として足を突っ込んでしまっているので、

日本チームとして、共に向かっていきたい。

 

たった一人のコーチが、日本のサーブルに息を吹き込んだ。

 

 

 

そんなチームと出会えたことに感謝を。

 

 

 

次は2月10日のローマのオープン戦。

 

 

 

 

明日からしばし、休養します。

 

 

 

 

 

I appriciate for jiru kajima.