アクセス解析
レンタル掲示板

KUSHIZZI PROJECT  櫛橋 茉由

KUSHIZZIPROJECTオフィシャルブログ

<

本屋さんへ行くときの考察

私は、何か考えごとがあるとき、

必ず本屋さんに行く。

 

日本でも、イタリアでも。

 

 

 

今日も本屋さんに。

 

 

 

最近おかしいのだ。

 

小説や文庫に魅力を感じない。

古典や歴史や評論には目がいく。

 

ありふれた小説。

かわいい表紙。

並ぶはビジネススキルや自己啓発本

 

本屋さんも商売なのだよなあ。

 

 

そうしてそういう本が買われると、

読んだ日本人に少なからず影響を及ぼす。

 

 

私が好きなのは、

チクセントミハイやティモシーガルウェイ。

ダンぜドラや、トムピータース。

もちろん日本の作家もすきだけど。

 

薄っぺらい本でなくて、

中身のある本を選びたい。

 

 

そして、それをまるまる受け入れるのではなく

読んで考えた自分の考えこそ、

 

 

読書で得られるものだと思うのです。

 

 

 

しばらく日本の本屋さんはいいや。

 

 

そんな考察。