アクセス解析
レンタル掲示板

KUSHIZZI PROJECT  櫛橋 茉由

KUSHIZZIPROJECTオフィシャルブログ

<

プロ意識の大切さ

{64824126-3F25-4E33-BB66-B3BD3227C225}

 

{8E48B8AB-97ED-4DEA-9AF8-FA8EC8482D28}

 

 

今日は女子サーブル個人。

 

男子フルーレのカッサーラを発見。
でか。  
 
うちのクラブからは2名出場。
 
 
18才大健闘。シニアナショナルチームのグレさんに、、もう少しで勝ちそうだった。
いや、なんて惜しい。
彼女を見ていたら、自分の目指すサーブルがなんだか見えてきた。
こうやって、教えてもらってる技を使っていくんだなぁ。
 
ちょっと今日は、真面目な話。
 
試合を見にきて、たくさんのことを学んでいます。
ようやく、欧米のほっぺ挨拶ができるようになりました。
 
勝つ時もあれば、負けるときもある。
それが、勝負。
 
その勝ちへの執着だとか、
オンオフの切り替えだとか、
振る舞い方だとか。
 
選手として、すごく勉強になる。
 
また、コーチのコーチとしての振る舞い方も。
ずっとコーチと一緒にいるんだ。
今日は男子が帰っちゃったから、特にずっと一緒にいた。
すごく勉強になった。(コーチングの方だな笑)
 
 
やはり、選手の前ではあくまでも絶対的にコーチなんだよね。
でも、前から離れると、コーチ同士で意見を言い合ったり、色々考えたりしてる。
選手には見せない顔。
その雰囲気と、コーチの気持ちが伝わってきた金魚のフン(もう完全に金魚のフンくらいくっついている。)。
何も言えないし、ただ隣に座っていることしかできなかったけど、
恐れ多いけど、言葉片言だけど、
黙って考えているコーチの気持ちが読み取れた気がする。
ああ、今日の結果に納得が言ってないんだよな。って。
 
プロなんだ。すんごいレベルの。
ここまで追求しなきゃだめなんだ。
 
なんか、仕事をしてた時を思い出した。
仕事の顔と、普段の顔。
仕事の顔があるというのが、プロだということだ。
私も仕事をしている時、仕事として試合をしている時はそうだった。
だってプロなんだもの。
お金が発生している仕事なんだもの。
プロコーチってそういうことなんだよね。
学校の先生や大学のコーチとは違うんだ。
プロのコーチなんだ。
すごい。追求。
 
 
選手もそうだ。全然変わる。
そこが一番大切なところだ。
いつもとガラリと空気が変わる。当たり前だね。
私も自分を見なおしたよ。
 
イタリアはプロチームが多い。
そしてうちの姉御もそのうちの一人。
彼女の試合を見ていたら、もちろん素晴らしいスキルだった。一流の。
しかし、なんだかすごく苦しそうで。そう思ったのは私だけだろうか。
選手目線でなく、コーチ目線で見た時に、
すごく苦しんでいる気がしたんだ。プロだからだろうか。
結果に繋げたいからだろうか。それはわからない。
高校生の彼女の方は屈託なくのびのび試合している。
それと違って、何か重いものを背負っている気がした。
下ろしていいよ。そんな荷物。勘違いだったらごめん。
でも私にはそう感じた おろして、箱に閉じ込めて、そっと置いておいていいんだよ。
 
 
そういう目線で見てしまうのは、日本でコーチングもしていたせいだな。
しばらく封印しているけれども。今は選手だ。
 
なんか、そうゆう気持ちや思いって自分が今までに抱いてきたから
感じるのかもしれないな。
すんなりそういう気持ちが克服できる人間もいるんだけど
そうではない場合、難しいんだなあ。
自分の場合はコーチに出会って、なんかそういうもの全部置く術を身につけて
もう乗り越えてきたんだよね。18歳の時からずっと試練ばっかりだった。贅沢だけど。
これが今ここに来るタイミングだったなあと思う所以なのだけど。
 
なんか自分で勝手に作り上げたプレッシャーとか、周りからの圧力とか
自分はできない病にかかるとか、どん底に落とされたりとか
責任転嫁されたりとか、試合に出れなかったりとか、
仕事がうまくいかなかったりだとか、
朝から夜までひたすらにご飯も食べずに働き続けたりだとか。
フェンシングができない毎日が続いたりだとか、
選手生命を脅かすケガしたりとか、大切な人が命の危機に陥ったりだとか
もう何のために生きているのかわからなくなった時があったりとか。
 
でもお金もらってるプロだったからさ、
もういいですーって辞めるわけにはいかなかったんだ。
なんか、そうゆうもん全部一通り終わったんだよね。26歳。
 
 
だから場所と国を変えて、一からやってみても
なんか色々壁が現れてもどうにかなるよなって思う。
耳かき諦めなかった自分なら行けるぜとか。
トラブルにあってもどうにかできるぜとか。
ロストバゲッジしようが、どうにでもなるぜ。
 
それがここでアタック行くぜ!につながるんだよねえ。
言葉ができれば、もっと励ましの言葉がかけられるのに。って。
言葉ができれば、コーチの意図がもっと明確にわかるのに。
言葉ができれば、審判にちゃんと抗議できるのに。
 
これ必須、まじで必須。
日本一の選手目指しながら、さっさと言葉勉強だ。あと資金!!涙
今はプロじゃないから。(だれからもお金もらっているわけじゃない)
またプロに戻れるように。どうにかしよう。
イタリアで活動する日本のプロ。そういうのがあってもいい。
 
 
誰かいりませんか?  私。
スポンサー募集中。 意外とボールスポーツとマラソン以外でしたらできます。
仕事も教えていただいたらある程度はできますが、(すごくざつはしですが)今はイタリアで修行中なのでフルタイムではできません笑 
 
詳しくはアスリートエールで検索を!!!!笑
このままじゃー資金はいずれ尽きるー。
どうにかしなきゃ。
 
 
 
 
そんな私は本日やっと女子チームと合流!!
久々にホッとした。笑 みんなかわいいから。
爪をクラブの色に塗るというので、こそばかったけどおばさんも協賛。
 
{FE8C8B06-332F-429B-86DA-26258D2D9972}

 

うちは青と白。

{BA19E885-17ED-41A8-B792-9B578C08C7FB}

 

 

 

 

そして姉御にメールしたら、

私は今日、triste(悲しい)とめーるがきた。

むむ?今日帰っちゃったのか?明日団体あるのに? triesteに?

 

トリエステ(町の名前)と勘違いする私。

 

triesteじゃない!!!tristeだ!!!!!笑 ごめん!!!!!

ここですべらんのか私。励ますつもりがすべらなくてどうすんだよ!!!

すまん!!!スペル読み間違えた!!!

 

のでお詫びに変顔を送っておいた。

 

 

{042D3EB7-D6D3-4956-8C3A-22B3776E737F}


なかなかの自信作だ。

 

 

さあ、明日で終わりだ。

来週は3日過ごしたらもう帰る方向に向かう。

大好きな小さな町よ。 また真夏に会おう。

 

私は日本で一試合ちらっと出て、

ビザの準備をして、

空き時間で働くよ。

 

 

自分は少し大人になったのかもしれない。と思った今日。